フロースラントの魔法屋さん 開発記5

グラフィック、キャラクター、テキスト

前回の続き

登場キャラクターについて

Q: 旧作からの登場キャラが多いですね?
A: ファンサービスです!

Q: 本当は?
A: 新たにキャラクターを考える時間が惜しかったんです。

悩んでいる時間がもったいなさすぎたので、
既存のキャラを使うという手法を採用した。
実際やってみると色々メリットがある。

・デザインを一から考える手間がいらない
・新規のキャラよりは描き慣れているので作業が早い
・性格も考える必要がない
・過去のストックがある分台詞も書きやすい

過去作をプレイしてくれた人に対しては以下のメリットがある。
・単純にファンサービスになる
・キャラを新たに覚える必要がなく脳みそにやさしい

基本的にいいことずくめである。
私のようなテキスト書くのしんどいマンにとっては非常にありがたい。

キャラクターデザインはそれなりに好きな作業なので
新たにキャラクターを作れないこと自体がデメリットになりうるが、
どうしても作りたければ作ればいいし、
役割上既存のキャラで合わない場合が出てくるから
そういう場合に新たにデザインすればいいだろう。
今作でも没作品から持ってきたキャラは、
基本線を残してはいるものの大幅にデザインを変えている。

今のところは、既存キャラの服を新たに考えているだけで十分楽しいので
あまり新キャラ出さなくてもいいかなー、と考えている。

性格上、何か制約があったほうが面白いと感じるのかもしれない。
今作の開発自体、出来には満足していないところもあるが、
期間内で作りきれるようあれこれ考えるのは非常に楽しかった。

テキストを依頼した

エンディングの台詞がメッセージウインドウ3枚分しか書けずに悩んでいたら、
見かねた倉江さんが代わりに書いてくれて、
自分で書くよりも圧倒的に出来がよかったので
焼肉食べ放題をおごる代わりに
冒険者の台詞なんかも書いてもらった。
とても助かった。

テキストを依頼して書いてもらうのは難しいんじゃないかと思っていたが、
案外そうでもないようだった。
自分で書くと、散々苦しんだ挙句ほんのちょっとしか出てこないので、
ストーリーに関係するテキストは依頼して書いてもらうのがよさそうである。

グラフィックについて

パワーをかけないで作ると決めた割にキャラ数が増えてしまったので、
1枚あたりにかけられるリソースが少ない!
そういうわけで、まずは一通り描いてしまって、
気に入らなかったらあとで直すという作戦をとったが、
どうしても気になるところだけ直すのが精一杯となった。

時間がもっとあったら劇的に良くなるかというと、
必ずしもそうじゃないだろうとは思う。
グレナサクリファイスを作った時点から結構絵が変わっているので、
今の絵で1つゲームを作れたという点では満足。
また、ぎりぎりの日程で描いたものがユーザーからどのように見えるかという
とても貴重な情報が得られたのが大きい。

画面デザインは、お手軽ウインドウで誤魔化した部分が多いが、
フレーム素材を多用したおかげで割と見栄えのするものになった。
最低限、デフォルト素材と違う色で
キャラクターの絵と調和していれば問題ないだろう。

作品一覧ページのスクリーンショットで他の作品と色味が違うと目立つので、
コンテストに出す上で全体としての色作りは非常に大事だ。
ここでは色のトーンなど、初歩のデザインの知識が役立っている。

 

フロースラントの魔法屋さん開発記は今回で最終回となります。
読者の制作の助けになれば幸いです。
もちろん、読み物として楽しんでもらえるのも歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。