さらばカードRPG

 カードRPGはやっぱり無理だったよ! デッキは少々癖が強すぎた。

デッキという装置は中身をいじりやすい乱数発生装置で面白いんですが、
どーしてもカードの引きが偏るのが難しいところ。
デッキの大半を通常攻撃相当のカードが占めていても出ない時は出ない。
攻撃手段がなくて待機し続けないといけないってのは、やはりストレスになってしまう。
ドミニオンよろしく毎ターン5枚引くようにすればマシになると思うんですが、
そうすると戦闘をまたいだ戦略が立てられないし、探索画面でカードを使うのも難しい。
ここをうまく解決する方法を思いつかなかったんですね。
デッキに新しいカードを追加したときに「強くなった感」があんまりないのも
一人用のゲーム、それもRPGではなかなかツライ。

あと山札が尽きたときに捨て札をシャッフルし直して新しい山札にするんですが、
実物のカードがないとこのへんの挙動が予想以上にわかりにくい。
いやまぁグラフィックで動かして見せればマシになるんでしょうけど、
そこまでしてやるだけの価値があるか……? と。

デッキ構築をやらせるならアリなんですけどね。でも構築をやりたいわけじゃない。
どちらかと言えばシールド戦みたいな限定状況で頑張って戦うゲームにしたかったんですよ。
それでドミニオン的な動的デッキ構築を入れたんですが、
どうにもこれはコンピュータRPGに合ってない気がする。
シールド戦みたいなゲームにしたいんだったらもっと別のやり方があるはず。

そういうわけでカードRPGは一旦中止にして、このネタはしばらく寝かせておくことにします。
何かのときに役立つことがあるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。