アイマス(VIPRPG紅白2015のほう)感想

アイマス(VIPRPG紅白2015のほう)全ルートクリアしました。

ゲームの紹介は下記のページが詳しい(丸投げ)。
なおメイジの転生録もおすすめ。

VIPRPG紅白2015作品感想メモ:「アイマス」「金リカ2」「メイジの転生録」など8本+α | RPG-Fan!

—————————————————————————————

初期レベルクリアが可能という話を聞いていたので全ルートLV1クリア。
不足を感じるところが無かった。

とりあえず、私がRPGをやるときに求めている物は
このゲームの初期レベルプレイにほとんど含まれている。
そういう感じがした。

雑魚と戦わなくてよくて、ボス戦はちょっと考える。
雰囲気が渋くて、選曲がオシャレ。
そして全体的にテンポがいい。
ビジュアルが単に絵が豪華なんじゃなくて、
工夫できれいに見せてるのも好み。

言葉にするとだいぶ理想のRPGに近い気がしてきた。
そうか。
こういうのが好きだったのか。

某氏にアイマスをすすめたら
「アイマスは雰囲気ゲーだよね」
「udさんは雰囲気ゲー好きだよね」的なことを言われて、

あっそうか、私はゲームの雰囲気がよいということを
わりと高く評価しているんだなと初めて気が付いた。
そういえば 遊び人族ドリームゲーマー だしなぁ。

あと雰囲気ゲーというのは「雰囲気くらいしか見るべきところのないゲーム」という
意味の言葉だと思っていたんですが
単に「雰囲気のよいゲーム」という意味で普通に使われているのを知って
自分の根性がだいぶねじくれているのに気が付きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。