megabitconventionに出展してきました

megabitconventionに出展してきました!


[The Souls of Yore]
これを見るために行ったと言っても過言ではない!

実際、noitems studioのはちのすさんが出られるというので、
じゃあ俺もという感じで参戦を決めたのでした。

開場しばらくは出展者+αくらいの人数だったので
自分のところを放置して遊びに行ったり話を聞いたりできてよかったです。

イシキスペースさんの「Equivocal Survival War」を見せてもらいつつ、
「AI面倒くさくないですか?」とか結構踏み込んだ話を聞かせてもらったりして
戦略SLG、割と現実的につくれそうだなーと思うに至りました。

帰ってからEquivocal Survival Warをプレイしてるんですが、
このジャンルでできそうな事は結構あるなーと感じています。
FlixelでSRPG作りかけてたんですが、SRPGよりシンプルにまとめられそう。

SRPGは操作量が多くてプレイするだけでも結構めんどくさいので
微妙にやる気が足りなかったんですがSLGならいけるかも。
時間がたっぷりあったらFE聖戦もクリアまでやるんですけどね。

[もらった]

アカリさんからレジンアクセサリーをいただきました。

実は以前に注文しようかと思ったことがあるんですが、
孤島の人魚クリアしてないし、ほかに買う人がいたら気の毒だなー
と思って結局買わなかったのでした。
(途中で画面がブラックアウトして戻らなくなっちゃったんです。)

欲しかったので大変うれしかったです。
ありがとうございました!

イベントに参加するたびに思うのですが、名刺つくったほうがよかったな……。
実はデザインはもう作ったやつがあるので
ほとんどデータ送るだけなんですが、
そういう手続き的なやつがもうホントに致命的にダメなんです。

・二次会
ウディタ勢+αで二次会。
創作勢は割とディープな話をしても大丈夫感があると勝手に思ってるんですが
初対面の人が結構いる中で一人だけ酔っ払って
「結婚したい、(無理だけど)可能なら嫁になりたい」とか言うてた記憶があるので
実はあんまり大丈夫じゃなかった可能性もある!

あとウルフさんに「俺のためにゲームを作ってくれ!」と言われた。
死んだ。

メガビット&二次会があまりに楽しかったのと、
京都は学生時代に住んでた街というのもあって非現実感が半端ではなく
「あれはひょっとして夢だったのでは?」
と帰ってから思う始末。

ノートPCに貼ったメガビットのステッカーと、
アカリさんにもらったアクセサリーがあるので現実のはずなんですが
まだちょっと信じられないぐらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。